読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Javaについて

  • JavaSEの構造
  • ブートストラップ・クラスパス
  • サーバ起動時のクラスパスの設定法(WTP-Tomcatの場合)
    • コマンドラインで「java -classpath(-cp) クラスパス」をやるのをEclipseでやる場合の話。

      ・サーバビューでTomcatサーバーをダブルクリックする
      ・一般情報>起動構成を開くをクリックする
      ・「クラスパス」タブで「ユーザー・エントリー」をクリックし、右の「拡張」ボタンを押す
      ・「外部フォルダーの追加」にチェックし、OKを押す
      ・「フォルダの選択」ツリーの中から、指定したいクラスパスを入力してOKを押す
      ・開いているダイアログをすべてOKで閉じる

  • クラスファイルのターゲットとしているJVMを確認するコマンド

    javap -v hoge.class

    ちなみに出力結果が以下のようになった場合、

    minor version: 0 major version: 51

    クラスファイルのバージョンは「51.0」となり、ターゲットとなるJVMは「JavaSE7」となる
  • Oraclejdbcドライバ(jar)のバージョン確認方法 (下記はojdbc6.jarの場合)

    java -jar ojdbc6.jar

    MANIFEST.MFに記載のバージョンでもOK? (hishidamaさんのサイトでは、怪しいっぽいこと書いてるが…) http://www.ne.jp/asahi/hishidama/home/tech/java/jdbc.html

  • 「エラー: シンボルを見つけられません」について
  • Bizcaの添付ファイルはUTF-8なので、Windows環境に持ってきてOS付属のzipツールで解凍するとファイル名が文字化けする。OS付属のzipツールで解凍せずにJavaのjarコマンドを使う(以下).